So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

真冬の神戸港、飛び込み救助…巡査長お手柄(読売新聞)

 真冬の神戸港でおぼれていた男性(65)が25日早朝、救助された。110番で駆けつけた兵庫県警葺合署地域2課の平田泰弘巡査長(29)が飛び込んで、一命を救った。

 平田巡査長は「男性が無事と聞いてホッとした。警察官として当然の行為だった」と振り返った。

 同署などによると、午前5時55分頃、神戸市中央区脇浜海岸通沖の海中で、「男性がおぼれている」と通行人から110番。近くでパトロール中の平田巡査長が急行した。約20メートル沖で、男性の頭がぽっこり浮かんでいるのを見つけた。

 「大丈夫か」と声をかけると、力ない様子で手がわずかに動いた。消防は到着していない。「迷っている暇はない。命が危ない」と制服の上着を脱ぎ、高さ約4メートルの岸壁から飛び込んだ。投げ込まれていた発泡スチロール製の浮輪を男性につかませ、体を抱えた。背泳ぎの態勢で岸壁までたどり着き、消防艇に救助された。見守っていた住民たちも大きな拍手を送った。

 当時の水温は9度。男性は低体温症で入院したが、命に別条はなかった。平田巡査長も海から上がると、「急激に寒さで体が鉛のように重くなった」と念のため病院に運ばれたが、点滴を受けて元気に勤務に復帰した。

 平田巡査長は「2005年に警察官になって以来、命にかかわる現場は初めてだった。でもあの場面で飛び込んだことに迷いはなかった」と言い、「人の役に立ちたいと思って就いた仕事。また同じ現場に遭遇しても、同じ行動をとると思います」とキッパリ話していた。

<鳩山首相>「起訴されないこと望む」発言を撤回(毎日新聞)
<人事>公取委(28日)(毎日新聞)
官房長官に与野党から批判=「斟酌理由ない」発言(時事通信)
みんなの力「ぶりでぃー」で勝利…稲嶺氏が会見(読売新聞)
成人式 男2人を逮捕、式進行妨害の疑い 長崎・佐世保(毎日新聞)

鳥取不審死 殺人容疑できょうにも再逮捕(産経新聞)

 鳥取の連続不審死で死亡した男性らと接点のある元スナック従業員の女(36)=詐欺罪で起訴=が、昨年10月に鳥取市内の川で水死した電器店経営、円山秀樹さん=当時(57)=を殺害した疑いが強まったとして、鳥取県警は27日、殺人容疑で女の逮捕状を取り、28日にも再逮捕する方針を固めた。女の周辺で6人の男性が相次いで不審死した事件は重大局面を迎える。

 別の詐欺事件の共犯として起訴された同居の男(46)について、県警は関与の有無を特定するのが困難として殺人容疑での立件を見送る方針で、女が単独で円山さんを殺害したと断定。鳥取署に捜査本部を設置する。

 捜査関係者によると、女は円山さんの殺害について関与を否定しているが、事件当日の女の行動を詳細に説明した男の供述は、円山さんの車のカーナビの走行記録と照合しても矛盾はなかったという。

 県警は、円山さん殺害事件の捜査終了後、昨年4月に同県北栄町沖の日本海で水死したトラック運転手、矢部和実さん=当時(47)=に対する殺人容疑でも女を立件する方針を固めており、事件の全容解明に向け本格捜査に乗り出す。

【関連記事】
女をいよいよ殺人で逮捕へ 鳥取連続不審死
鳥取連続不審死 女と同居の男が関与示唆する供述
鳥取の女、不審死トラック運転手から借金
鳥取連続不審死 円山さん殺害容疑で立件へ 薬の成分一致
鳥取の詐欺女「殺していない」 詐欺容疑の弁護人に

ルイ・ヴィトン大阪心斎橋店、ガラス割られ35点盗まれる(産経新聞)
総務相「関係者」発言で重ねて釈明(読売新聞)
事件報道に「不公平感」=平野官房長官、民主調査チームに理解(時事通信)
陸山会土地資金、小沢氏の妻子名義口座から(読売新聞)
<名護市長選>県外移設派、稲嶺氏当選 辺野古案困難に(毎日新聞)

昨年の自殺3万2753人、前年より504人増(読売新聞)

 昨年1年間の全国の自殺者数は3万2753人で、前年より504人(1・6%)増加したことが26日、警察庁のまとめでわかった。

 自殺者が3万人を超えるのは1998年以来、12年連続で、過去5番目に多かった。男性の自殺者が増加した。同庁は今春をめどに動機や年齢別などの詳しいデータをまとめる。

 自殺者のうち男性は前年より575人増の2万3406人で、女性は71人減の9347人。

 月別では、3〜5月が3000人を超え、上半期は過去最悪だった2003年に迫るペースだったが、6月以降は2000人台に減少。9月以降は前年を下回った。

 都道府県別では、東京が最も多い2989人で、大阪1982人、神奈川1798人、埼玉1796人、愛知1623人の順。前年との比較では、大阪(146人減)、北海道(127人減)など17道府県で減少したが、埼玉(143人増)、千葉(122人増)など28都府県で増加した。

岩手県知事が東京地検批判(産経新聞)
名護市長選 市民の意思伝えたい…当選の稲嶺氏(毎日新聞)
名護市長選、投票始まる=普天間移設に影響(時事通信)
恐喝容疑 出版社社員ら8人逮捕、高額本売りつける 岡山(毎日新聞)
自宅前で夫にはねられ妻死亡 東京・練馬区(産経新聞)

<警視庁>45歳警部が電車で痴漢容疑…書類送検・辞職(毎日新聞)

 電車内で女性に痴漢行為をしたとして、警視庁は22日、同庁訟務課の男性警部(45)を東京都迷惑防止条例違反などの容疑で書類送検した。同庁は同日、停職1カ月の懲戒処分とし、警部は辞職した。

 送検容疑は、16日午後10時半から同50分ごろにかけ、JR湘南新宿ライン横浜−大崎駅間を走行中の電車内で、隣に座った20代の女性の太ももをジーンズの上から触ったとしている。女性に手をつかまれ大崎駅で下車。逃げようとしたが、ホーム上で通行人に取り押さえられ、現行犯逮捕された。

 警部はこの日、休日で、以前の同僚と横浜市内で飲食後、埼玉県内の自宅に戻る途中だった。容疑を認めているという。【川辺康広】

【関連ニュース】
教え子性的暴行:フィギュア元コーチに懲役7年判決
電車内痴漢:39人を検挙 首都圏の新学期集中取り締まり
痴漢:愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」
千葉大生殺害:ATMの男を再逮捕へ 発見の包丁に血
催涙スプレー:大手前大学で30人症状 学生数人がまく

小沢氏会見詳報(1)「検察官の質問に素直に答えた」(産経新聞)
舛添氏トップ、2位鳩山首相=次期首相にふさわしい人−時事世論調査(時事通信)
2次補正への賛成表明=景気深刻、早期成立が必要−公明政調会長(時事通信)
<奈良・不明住職>万引き容疑で逮捕 福島のスーパーで(毎日新聞)
【Re:社会部】「双方向」拡充します(産経新聞)

<足利事件再審>元検事「深刻に思う」 菅家さん「謝って」(毎日新聞)

 栃木県足利市で90年、4歳の女児が殺害された「足利事件」で無期懲役の判決を受け、昨年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審第5回公判が22日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれ、午後から菅家さんを取り調べた当時の宇都宮地検検事、森川大司(だいじ)氏の証人尋問があった。

 冒頭、菅家さんは怒りを込めて「17年半もの間、無実の罪で捕まっていました。どう思いますか」と直接問いただした。森川氏は「当時、主任検事として全証拠を検討した結果、菅家氏が犯人に間違いないと判断した。今回、あなたがDNA鑑定で犯人ではないことが判明したとうかがって、非常に深刻に思っている」と淡々と答えた。菅家さんが「自分に無実の罪を着せたことに謝ってください」と求めると「当時の証拠から犯人であることを疑う証拠はなかった。厳粛に深刻に受けとめている」と答えた。

 ◇「自白」場面のテープ再生…菅家さん、いらだちも

 午前中は、1審公判中の92年12月8日の取り調べを録音したテープが再生された。約5分間の雑談の後、森川氏は「君から変なことを聞いたんで来た」と切り出した。「DNA鑑定で君と一致する精液があるんだよ」「唾液(だえき)も付いてるんだよね。いろんな意味で一致している。君が認めたっていうことだけじゃなくて、他に証拠があるから起訴したんだよ」。科学鑑定を持ち出し、これまでの取り調べとは違う強い口調でたたみかけた。

 菅家さんがおびえたように「全然、覚えないんです」と反論すると、森川氏は「死体に草をかぶせたという君の説明は、実際と同じ状態なんだよ。誰にも教えてもらわなくて、なんで説明できたんだろう」と詰め寄った。口ごもりがちな菅家さんの答えを最後まで聞かず、性急に質問を浴びせる場面もあった。取り調べ開始から約25分、菅家さんは絞り出すように「勘弁してくださいよお」と号泣し再び自白した。

 腕組みをしてテープを聞いていた菅家さんは思わず机をけり、いらだちをみせた。続いて、森川氏は「うそ言うと、どこか嫌でしょう」と諭すように話し掛け、「真実ちゃんの事件(足利事件)は、うん、それでいいわ」と質問を終えた。【吉村周平、安高晋】

【関連ニュース】
足利事件再審:菅谷さんテープ 否認後再び「自白」、号泣
足利事件:92年1月28日の地検聴取テープ(1)
足利事件:92年2月7日の地検聴取テープ(2)
足利事件:91年12月20日の県警聴取テープ
足利事件:92年12月8日の地検聴取テープ(4)止

【風】税収アップどこまで?(産経新聞)
【十字路】福井で名物の「合格ダルマ」作り(産経新聞)
渡部氏、小沢氏進退は世論見守る=政府・民主内で発言相次ぐ(時事通信)
<2次補正予算案>自民は反対方針(毎日新聞)
聖徳太子の弟の墓? 大阪・塚穴古墳に人工築山、風水意識か(産経新聞)

荷崩れ トレーラーの生サバ、路上に散乱 大分自動車道(毎日新聞)

 18日午前8時45分ごろ、大分県別府市の大分自動車道下り線・別府インターチェンジ(IC)付近で、貨物トレーラーが走行中に荷崩れを起こし、積んでいた箱(幅、奥行き、高さ各1.5メートル)14個が片側2車線の路上に落下、中の生サバが一面に散乱した。トレーラーはその後、前方を走っていたトラックに追突したが、けが人などはいなかった。

 県警高速隊などによると、荷崩れの原因は、トレーラーの運転手が前方の道路わきで工事をしていたのに気付き、急ハンドルを切ったためらしい。

 大分道の湯布院−別府間などが一時通行止めとなり、業者らがサバを回収した。【梅山崇】

【関連ニュース】
<大分といえば関サバ>これはうまそうな駅弁だ…「豊後さば寿司」を紹介
<レシピ>食卓の一品:サバとミズナの加減酢
<駅弁季語>焼き鯖高菜巻
<新・郷土料理>八戸前沖銀鯖カレー:生臭さ消し、サバの味生かす
<郷土料理百選>福井県 さばのへしこ

足利事件再審 菅家さんテープ 否認後再び「自白」、号泣(毎日新聞)
<エレベーター>また閉じ込め 名古屋市営地下鉄(毎日新聞)
<政教分離>「神社に市有地提供」20日に最高裁大法廷判決(毎日新聞)
【揺らぐ沖縄】名護市長選告示 普天間移設反対・容認一騎打ち 市民は冷めている(産経新聞)
投資会社を家宅捜索=被害数億円か−無登録で出資募った疑い・警視庁(時事通信)

ネット提言に関心=「まじめな提言多い」−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相が、昨年末から始めた会員制登録サイト「ツイッター」などの読者からの提言に関心を持っていることが分かった。内閣参与の平田オリザ氏が19日のインターネット関係の政府の会合後、記者団に明らかにした。
 首相はツイッターのほか、今月からはインターネット上でブログを始め、公務の感想などをつづっている。平田氏によると、首相は「まじめな提言が多いので、くみ取っていけるものはくみ取っていきたい」と語っているという。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
枝野補佐官、発令は4月以降=鳩山首相
鳩山首相、ダボス会議出席見送り=国会日程など考慮
小沢氏聴取、早期実現を=民主に慎重対応求める

<政府・民主党>通常国会に61法案提出へ 野党は対決姿勢(毎日新聞)
首相動静(1月19日)(時事通信)
<阪神大震災>6434人へ祈り 17日で15年(毎日新聞)
<歌会始>来年の題は「葉」(毎日新聞)
<三木市長選>薮本吉秀氏が再選(毎日新聞)

<小沢幹事長>首相と会談 党大会出席「本会議で話す」(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体による土地購入を巡る事件で石川知裕衆院議員らが逮捕された中で16日、政権交代後初の民主党定期大会が東京都内で始まった。午前は財政小委員会と地方代議員会議を行い、午後1時から日比谷公会堂で本会議を開催する。

 全国町村会館で開かれた地方代議員会議では、実行委員長の奥村展三総務委員長による開会宣言後、小沢氏のあいさつが報道陣に公開される予定だったが、直前に非公開となった。抗議する報道陣に対し、小沢氏は「本会議で話すから」と語った。開会から約30分後、あいさつを終えた小沢氏は会場を出た。

 定期大会に先立ち小沢氏は同日午前10時16分、公邸で鳩山由紀夫首相と約15分間会談。報道陣の問いかけには応じず、うつむき加減で公邸を後にした。

 鳩山首相は16日朝、首相公邸前で記者団から「小沢氏の進退問題をどう考えるか」と尋ねられたが、「また後で」とだけ答え、都内のホテルで開かれている「アジア中南米協力フォーラム」外相会合に出席した。

 その後予定されていた茶道裏千家の新年茶会「初釜式」への出席は取りやめ、公邸に戻って小沢氏と会談した。

 衆参国会議員を集めた本会議では、福島瑞穂社民党首、亀井静香国民新党代表ら来賓に続いて党代表の鳩山首相があいさつ。その後、「参院で単独過半数の議席獲得を目指し、マニフェスト関連法案などを確実に成立させる道筋を作る」などと明記した10年度活動方針案を採択する予定だ。【近藤大介、影山哲也】

自宅でタンチョウ観察…15日朝からネット中継(読売新聞)
マイレージ保護など表明=日航更生法適用で−支援機構(時事通信)
寒気 東海地方も雪景色 岐阜で積雪8センチ(毎日新聞)
全国初 子供用携帯を都が推奨へ(産経新聞)
前の車にピタリ、ETCのバー不正通過460回(読売新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。